プロフィール 基本政策 これまでの提言・取組み・活動 活動フォト ブログ武田さとしサポーター
トップページ  > ご挨拶

ご挨拶

3期12年目の活動の中から

 自分を形成している源である地元山形のために何ができるか。

 そう自問自答を繰り返し、出した答えが治に直接参画し、声をカタチにしていく活動をすることでした。

 就労後、転勤等で数年他県で暮らす中でり、外から山形を見つめ直す機会がありました。

 その中で山形のもつ素晴らしい資源を再認識した事と同時に、地域における違いや中央との地方の格差の広がりを感じました。

 平成19年、初挑戦で議席を預からせて以来3期12年目となりましたが、この間、常に現場主義を貫き、情熱・スピート・実行をモットーに活動してまいりました。

 人口急減、少子高齢化、人手不足に悩む地方現状、そして今後はAIやIoTなどの新技術による働き方の変化などの各種課題へ向け、新たな山形の発展のプランをしっかりと示し、熟議の中で結論を出していく必要があります。

 平成31年春に中核市移行へ準備を進める山形市ですが、この事を一つのきっかけとして、今まで以上に山形の持つチカラを更に伸ばし、また誰にでも手を差し伸べる事が出来る安心社会を構築していきながら、山形市の発展を進める必要があります。

 私、武田さとしは、誰かにやってもらう地方自治ではなく、「自分達のまちは自分達で創る」という意欲に溢れたまちづくりへ全力で取組みますので、私の理念・政策に何卒ご理解とご賛同を賜りますようお願いいたします。

武田 聡